肌や体の中から加齢が進むとサインが出ます。

肌や体の中から、加齢が進むとサインが出ます。

鏡を見て、「最近なんか年取ったな」、なんてつぶやいたことはありませんか?

 

ふと、10年先のことが心配になってため息をついたり。

 

心のゆらぎは老化のサイン。
肌には心のゆらぎを敏感に感じ取るのです。

 

年齢を重ねることに対しての不安感というのは誰しもが感じるものだと思います。
でも不安だからといって不安な顔をしていると老けて見えますよ。

 

重ねた時間の分、たくさんの経験をしてきているのだから自信を持って大きく笑ってください。
今この瞬間がいつでも最高に若い肌なのです。

 

「もう年だから、そんなに肌のこと気にしないでもいいのよ」、なんて寂しいことをいわないでくださいね。
まだまだこれから若い肌はこれからの時間を楽しむためには必要なアイテムなのですから。

 

肌はもちろん、体も老化していきます。
若い肌を取り戻すにはお顔のケアだけではなく体の中のケアも大切。
そこには食生活、生活習慣が深く関わってきます。

 

体の老化で大きな原因となっているものは活性酸素です。
活性酸素とは、人間が呼吸を行なうことによって取り込んだ酸素が体内で変化した有害物質です。

 

活性酸素は私たちの生活習慣や生活環境-喫煙やストレス・紫外線など-によって発生することが多くなります。

 

これらの体を老化させる原因となるものを一つ一つ取りのぞく、取り除けないものに関しては違う角度からのケアをすることも大切にしましょう。